金属製品のお取り扱いについて

金属製品は、抗菌効果が優れ衛生的であるとされています。また、熱伝導率が高いという特性により、冷たいものをより冷たくお楽しみいただけます。金属の色は、使うほど味わいのある表情になっていくのが特徴です。色むらや黒ずみがでても使い続けていくことで馴染んできます。
ご自分だけの経年変化を楽しんでいただければと思います。お手入れも楽しみの一つとしていただけたらと思います。
ひとつひとつ手作りのため、すべて世界に一つの器です。出会い、育つ、唯一無二の一生ものとして、末永くご愛用いただけたら幸いです。

注意点
  • ご使用後は早めに洗って、水気をとって保管してください。
    普段の食器洗い同様、中性洗剤でやわらかいスポンジで洗ってください。
  • 黒染め仕上げのものは強く擦ったり、酸性のものがつくと黒色がとれることがあります。
  • アルカリ性(塩等)/酸性(酢等)が強いものを入れると変色します。
    長時間、ものをいれた状態で放置すると更に変色します。
  • ミルクパンやフライパンは、鍋底から、はみ出る大きな火力でのご使用及び空焚きはご遠慮ください。
    ご使用時は、取手部分全体も大変熱くなります。やけどには十分お気をつけください。
  • 食器洗浄機でのご使用はおすすめしておりません。冷凍庫、IHクッキングヒーター、電子レンジでのご使用はできません。

普段のお手入れ方法

陶器などの通常の食器洗い同様、中性洗剤とスポンジで洗ってください。使用後は、すぐ洗って、水気を拭き取ってください。
荒いスポンジでこすると、細かい傷がついてしまうのでやわらかいスポンジをおすすめします。

① 普通に洗ってください。

② 水で洗い流します。

③ しっかりと水気を拭き取ります。
ぬれた状態で放置して乾かすと、水あとが表面に残ることがあります。

色むら・水滴あと・黒ずみのお手入れ

スポンジと洗剤でとれない場合、重曹を使ってみてください。黒くなってしまったシルバーもこの方法で綺麗になります。

① 水をつけ、重曹をかけます。

② ペースト状にして、こすります。

③ 重曹が残らないよう、しっかりと水洗いします。その後、しっかりと水気を拭き取ってください。

それでもとれない汚れの場合

酢やクエン酸を使います。全体がつかるよう、約10~30分、酢水にいれます。水で洗い流し、重曹で中和します。しぶとい汚れの場合、何度か繰り返してください。

① ボールに酢水やクエン酸をとかし、器をいれます

② 酢水やクエン酸を水でしっかりと洗い流してください。その後、重曹をペースト状にして、こすり洗いをします。

③ 1度で落ちない場合、つけおき洗いと重曹洗 いを何度か繰り返してください。
重曹が残らないよう、しっかりと水洗いします。その後、しっかりと水気を拭き取ってください。

その他、作品のお手入れ方法、また何か不都合があったときには、お気軽にご連絡ください。

CONTACT